ダイヤルから卒業!ヘルメットの新定番のIBEX2.0を買ったから自慢するね

ロードバイクのヘルメットとは不思議な存在ですよね。

もはやただの発泡スチロールなのに値段帯の違いでかっこよくも、ダサくもなる。

私個人の意見だと、約1万円以上の物からちゃんとかっこよく、快適になる印象でした。

今までつかっていたのはシマノのLazerのZ1というお手頃な価格でそこそこ軽く快適な物でした。

3年くらい使うと不満も多く、ダイヤルが面倒だったり、パッドがへたってしまったりで無性に買い替えたくなる。

しかも3年以上使用すると耐久性の観点から買い替えを推奨してる。安全のためならしかたないね←

というわけでずっと移行先を探していました。

何を求めるか

しばらくロードバイクを趣味にしているとどうしてもハイエンドモデルが欲しくなりますよね。

ただ、ハイエンドは値段も青天井。なのである程度条件を絞りました。

  • できるだけ軽量
  • カッコいい
  • 安全規格を取得してる
  • 値段はせめて2万円前後
  • Mipsはあってもなくてもどっちでもいい
  • 涼しい

ところがかっこいいヘルメットは5万円以上。

より安全なMips機構が搭載されているとちょっと重くなる。

と、悩んでいるときってちゃんと出会うようにできてるんです。

HJC IBEX 2.0 購入

行きつけのショップにて特価販売しているものにエンカウント。

実際はHJC IBEX 2.0ヘルメットは3万円を超えるハイエンドモデルだが特価で予算以内で入手することができました。

持った瞬間に「軽っ」と声がでるほどに。

めっちゃ軽いという事は結構重要で、100km以上走っているとやはり頭が重くて疲れてしまうのです。

今までのレイザーも重くはなかったですがめっちゃ軽い!という印象ではなかったためこれは期待が高まります。

最近はやりのエアロも意識した作りなので通気口が控えめではありますがかぶってみるとちゃんと風を感じる作りになってました。

インナーパッドもオデコの部分のみになっているので夏場はメンテナンスしやすいですね。夏は放置するとパッドがとんでもない事になるので。

頭頂部につけられたパーツがヘルメットと頭にスキマを作り、空気がちゃんと通るようになっているのが画期的でした。

そして最後に何が決め手となったかというと・・・・

ダイヤルがついてない!!

バネ式になっていてスポっとかぶってスポっととるだけの仕組みなのです。

私はこの見たことない機構に一目ぼれ。変態ですからね。

ダイヤル操作って以外とめんどくさくてそのままって感じの人多いかもしれませんが、ヘルメットはちゃんと固定しないと意味ないですし、適度に締めると気が引きしまるので効果的です。

その作業がないというのは面白いですよね。

被ってみた感じでもちゃんとホールドされて全く違和感ありません。

人によっては頭頂部の部品が気になるようで、パッドが装着できるように付属してました。

created by Rinker
¥32,500 (2024/06/22 12:31:32時点 楽天市場調べ-詳細)

私は店頭にあったマッドブラックしか選択肢はありませんでしたがいろいろなカラーを展開しているようでデザインもかっこいい・・・

ちなみにレイザーもジェネシスはすごいおすすめです。

軽くてかっこよくて2万円ほどとお手頃。

友人が使ってますがしっかり風も入ってきて調子よいそうです。