【準備編】CX-5 KF にフットライトを設置しよう!【ドア開閉連動と任意で点灯!】

2024年2月20日

愛車であるcx-5。そろそろ何かクルマ弄りをしたいが良いクルマすぎて弄るところが無いのがたまにきず。

そろそろ3年になるし、ちょっと手の込んだDIYをやりたい。

そこで思いついたのが足元ライトの設置。

冬に近づくにつれて日が短くなり、足元が見えづらくなってきますよね。

ルームランプを爆光のLEDにしてもいいですが、あれは眩しすぎて普段疲れてしまうので、足元は別途光源を設置しようということだ。

今回は愛車のCX-5の設置方法を記事にしますが、どんな車種でも似たようなものなのでぜひチャレンジしてください。

意外と低コストで設置できるし、作業も充実感高めです。

準備

まずは配線図を書いて妄想を広げる。

上記の配線図でやろうとしていることは以下の通り。

  • ドアを開けると光るルームランプに連動してLED点灯
  • スイッチ操作でフットライトのみ点灯
  • どちらもエンジンの入切関係なしで動作
  • 不要時はOFFにできる事

マツダ CX-5 はドアの開閉をマイナスでコントロールしているらしく、そこは注意。

もしプラスでコントロールされている車の場合は上記配線図で言うと、ボディアース(-)と常時電源(+)の関係を反転させてばOKだ。

上記の配線図に出てきましたアイテムも紹介しておきます。

created by Rinker
ASE
¥576 (2024/03/04 10:20:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エーモン(amon)
¥698 (2024/03/04 10:20:42時点 Amazon調べ-詳細)

埋め込み式の三点スイッチと、LEDが4本あって配線がめんどくさいのでターミナルを設置します。

LEDテープは格安で、1.5Mを2本注文しました。

このLEDテープは優れもので、テープ両端にコードが設置されており、好きなところでテープを切ると2本になるという画期的な物。

送料はかかりますが、実質4本分かっても1500円でした。安い。

購入アイテムは以上で大体2500円くらいでしたね。

次回は実際に取り付けをしていきますのでよろしくお願いします。